【ポケコマ】ザングースの性能と評価【コマスター】

ザングースの性能と評価を掲載しています。ザングースと相性の良いポケモンや、強い点など解説していくので参考にどうぞ。

ザングースのステータス

ザングース

ザングースの基本情報

レアリティ UC
MP 2
タイプ ノーマル
入手方法 トレボ
マテリアル交換(450)
特性 【めんえき】
このポケモンは「どく」「どくどく」状態にならない

Lv.1時のルーレットのピース

ザングース技

大きさ ワザ ダメージ/効果
4 ミス 0
24 ひっかく 20
16 ブレイククロー 90
32 つるぎのまい 「つるぎのまい」が以外が出るまでスピンして、ダメージワザならダメージ×2
20 かわす

ザングースの特徴と運用方法

驚異の180打点!

ザングースは「つるぎのまい」からの「ブレイククロー」で180打点を出すことができるのが大きな強み。出せる確率は高くないが、全ての白ワザ・金ワザに勝てる数字なのでカウンターとして非常に強力だ。「ブレイククロー」だけでも威力90なので、かなりのポケモンを倒せるだろう。

耐久力もかなりのもの

「つるぎのまい」があることにより「かわす」が見た目以上に広くなっており、場持ちの良さも強みの一つだ。「ブレイククロー」によるカウンターも狙えるので、対白ワザ・金ワザの性能は相当なものだろう。実際、「かわす」または90打点以上が出る確率は6割程度になる。ただ、こちらから殴っても「かわす」が出て倒せないということも多いので、速やかに敵を倒すのには向いていない。自分からは殴らず、敵の攻撃を耐えながらカウンターを狙うような使い方が良いだろう。

低すぎる最低打点

ザングースはレベル5にすればミスも消える隙のないポケモンだが、24とそれなりの広さを持つ「ひっかく」が弱点となる。「ひっかく」は威力20とかなり低く、これが出るとMP3のポケモンにも倒されてしまいかねない。「つるぎのまい」からの「ひっかく」でも威力40と火力不足である。特に、せっかく特性「めんえき」で有利になれるはずのブラッキーにも白ワザで倒される可能性があるのは残念なところ。

相性の良いプート

プレート おすすめポイント
ハードルジャンプ  場持ちが良いので、「ハードルジャンプ」でエントリーを取ると強い。
ダブルチャンス あまり自分から殴りたいポケモンではないが、いざというときにはこのプレートを使って「ブレイククロー」狙いで 殴るのも有効だろう。

ザングース対策

90打点、180打点に勝つのは難しいが、出る確率は低いので割り切って50以上の打点で殴るのが良いだろう。例えばクチート、ラプラス、ボーマンダなど。誰で殴るにしても1ターンで倒せない可能性がかなりあり、カウンターパンチでやられる可能性もあることを頭に入れ、仮に負けても極端に不利になることのないような立ち回りをしよう。

ザングースの育成

ピース拡張

自分からはあまり殴らない使い方をしたいので、ピース拡張は「かわす」に振るのがおすすめ。敵エントリーに置いたときの粘り強さも上がる。ザングースを攻撃に使いたいなら、デッキによって「ブレイククロー」に振ることも考えられるが環境に100打点のポケモンが多く、90打点を出してもやられることが結構あるのでいまいちか。「つるぎのまい」に振るのは40打点が出る確率が上がり、倒されやすくなるのでやめたほうが良い。

チェイン

チェインは「ひっかく」にすることでニョロモなどのMP3に強くなり、また「つるぎのまい」からの「ひっかく」が出たときにはグレイシアやブラッキーに打点で勝てるようになるので、「ひっかく」が一番優先度が高い。90打点はチェイン競争が激しくない上、狭いので「ブレイククロー」にチェインするのはメリットが少ないだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. […] ほぼ「だいもんじ」一択で良い。90打点持ちのザングースやボスゴドラに対して安定するのは勿論だが、何より「やけど」したカメックスの「ハイドロポンプ」を超えられるようになる […]