【ポケコマ】プクリンの性能と評価【コマスター】

ポケモンコマスターのプクリンの性能と評価を掲載しています。プクリンと相性の良いポケモンや、強い点など解説していくので参考にどうぞ。

プクリンのステータス

プクリンの基本情報

レアリティ R
MP 2
タイプ ノーマル/フェアリー
入手方法 トレボ排出
マテリアル交換(1800)
特性 【さいみんボイス】
このポケモンを使った直後のターン、相手プレイヤーはプレートを使えない。

Lv.1時のルーレットのピース

大きさ ワザ ダメージ/効果
8 ミス
24 りんしょう 20×
フィールドの、「りんしょう」を持つ自分のポケモンの数×ダメージ。
32 うたう★ バトル相手を「ねむり」状態にする。
4 ミス
28 はたく 50

プクリンの特徴と運用方法

「輪唱スタン」の補助役

ニンフィアの「りんしょう」の火力を上げるために採用されるポケモン。ニンフィアに比べて「りんしょう」の火力は出にくいが、強力な紫ワザを持つため相手からしても攻撃しにくい性能を持っている。プリンから使うことで、進化前は壁性能、進化後は火力を上げることができる。

プレートを使わせない

プクリンの特性「さいみんボイス」により、プクリンを使った直後のターン相手はプレートを使えない。先行を取れれば苦手なデオキシス圧迫のコスモエナジーを使わせずに展開できるほか、ダブルチャンスやプラスパワーで無理やり突破しようとする相手の対策にもなるだろう。

相性の良いプレート

プレート おすすめポイント
ロングスロー デオキシス圧迫に対して初手で出したいときに。
 ダブルチャンス 「りんしょう」「うたう」を狙って攻撃するときに使う。

プクリン対策

火力帯もニンフィアと違って20×なのでそれほど警戒する必要はないが、プクリンがハードルジャンプを使った次のターン、こちらはハードルジャンプで追いかけられないことは覚えておきたい。火力もそれほど上がらないので比較的倒しやすいほか、紫ワザを持っているので金ワザでの突破を狙ってもいいだろう。

プクリンの育成

ピース拡張

耐久性を高める「うたう」を拡張しておきたい。相手を倒すことを最優先に考えるなら、「りんしょう」でも良いだろう。

チェイン

「りんしょう」はチェイン効率がいいのでチェインしたい。ゲッコウガデオキシスSなどのMP3に強くなるだろう。

プクリンが採用される主なデッキ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする