【ポケコマ】ドダイトスの性能と評価【コマスター】

ドダイトスの性能と評価を掲載しています。ドダイトスと相性の良いポケモンや、強い点など解説していくので参考にどうぞ。

ドダイトスのステータス

ドダイトス

ドダイトスの基本情報

レアリティ EX
MP 1
タイプ くさ/じめん
入手方法 トレボ
マテリアル交換(4000)
特性 【どだい】
自分のポケモンは、このポケモンの上を乗り越えてMP移動してよい。

Lv.1時のルーレットのピース

ドダイトス技

大きさ ワザ ダメージ/効果
28 かみつく 60
4 ミス 0
28 じしん ※ 90
※フィールド上の、このポケモン以外の全てのポケモンはスピンし、ミスなら気絶する。
4 ミス 0
28 からにこもる このポケモンはウェイト。
4 ミス 0

ドダイトスの特徴と運用方法

特性「どだい」でエントリーの番人に

通常ならばMP1のポケモンをエントリーから出してしまうとエントリーを塞いでしまって他のポケモンが出せなくなってしまう。しかしドダイトスは特性「どだい」によってエントリー上にいても他のポケモンを出すことが出来る。これによって、MP3のポケモンと「ハードルジャンプ」の組み合わせによる速攻への対応にも余裕が生まれる。

また、片方のエントリーを奪われ、もう片方のエントリーにも敵が手前まで来てしまった場合でも、エントリー上に居座ったうえでポケモンを出していけるため、詰みにくくなる。このように防衛面においては強力なポケモンだ。一方で攻める際には「どだい」が活きる場面も少なく、MP1ということも相まってなかなか攻めきれない。げんきのかたまりやホウオウと組ませれば攻めていけるポケモンの数を確保しやすくなり、隙が少なくなる。

倒されにくいルーレット

「からにこもる」が広く、「ミス」も比較的少ない。加えて90という高ダメージワザ「じしん」もあり、MP2以上のポケモンにはEXが相手でもなかなか負けない。定点の防衛をさせるなら優れたルーレットと言えるだろう。ただし、マヒやこんらんには弱いため注意が必要だ。

一方で攻めようという時には「かみつく」が60ダメージとやや心もとないため、あまり向いていない。攻めるのであれば「じしん」の効果で相手を倒すことを狙いたいが、自分のポケモンにも被害が及ぶのには気を付けたい。「ミス」が0のポケモンで固めることが出来れば相手にだけ効果が及ぶことになるため理想的だ。ただし「ミス」が0かつ強力なポケモンは少ないため、「ミス」0に拘らなくとも「ミス」が狭いポケモンをなるべく採用する程度でよいだろう。

相性の良いプレート

プレート おすすめポイント
げんきのかたまり ポケモンの数が減ってきて攻め手に欠けるといった状態をある程度打開するプレート。
 プラスパワー 火力を底上げして敵を処理しやすくするプレート

ドダイトス対策

エントリー上にドダイトスが居座っていると、前線を押し上げた後にもかなり粘られてしまうため、さっさと処理してしまいたい。最大打点が90であり、カメックスのように100以上の打点が出せれば簡単に倒せる。そうでなくとも、70ダメージワザを「かみつく」に合わせるのも悪くない。また紫ワザにも無力であるから、コイル等の「でんじは」などで弱体化させたりヤミカラスの「ふきとばし」などでベンチ送りにするのもよいだろう。

勝負を決めに行くときは、ドダイトスのいないほうのエントリーを抑えてからドダイトスをポケモンセンター送りにして、ドダイトスが復活する前にエントリーを自ポケモンや敵ポケモンで塞いでしまう、というのが理想的だ。ただしいい加減に殴って「じしん」で壊滅し、せっかく攻めていたのが台無しになるといったことには気を付けたい。

ドダイトスの育成

ピース拡張

「からにこもる」を増やしておけば防衛性能が上がるため、これを増やしておけばよいだろう。「じしん」を増やして敵の処理速度を上げるのもよい。ちなみに、レベル1の状態ではすべての技が同じ大きさであるから、一つの技だけを増やしてしまうと残りのどのワザがマヒで「ミス」になるかわからない。「じしん」と「からにこもる」を両方拡張し、「かみつく」が消えるようにしておくとよいだろう。

チェイン

「じしん」の90ダメージは、他に同じ火力のポケモンがほとんどおらず、そこまで優先度が高くない。「かみつく」を強化すると、ディアルガやパルキア、エレキブルにブーバーンなどを相手にするときに役立つ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. […] 一方、MP3のポケモンを多くても2匹程度しか積めないため、エントリーの奪い合いになった際に後手に回りやすく、ハドジャンニョロモやゴース入りのデッキには不利に立たされる場面もある。その対策として、エントリー奪いに強いエンペルトやドダイトス、ロングスローを積んでいるデッキもある。 […]