【ポケコマ】カビゴンの性能と評価【コマスター】

カビゴンの性能と評価を掲載しています。カビゴンと相性の良いポケモンや、強い点など解説していくので参考にどうぞ。

カビゴンのステータス

カビゴン

カビゴンの基本情報

レアリティ EX
MP 1
タイプ ノーマル
入手方法 トレボ
マテリアル交換(3000)
特性 【うごかない】
このポケモンは他のポケモンのワザによって移動されない。(「あまいかおり」を除く)

Lv.1時のルーレットのピース

カビゴン技

大きさ ワザ ダメージ/効果
8 ミス 0
36 おおあくび★ このポケモンとバトル相手は「ねむり」状態になる
32 のしかかり 100
20 はたく 20

カビゴンの特徴と運用方法

安定して行動できる優秀な壁役

カビゴンはミス範囲が初期の時点で8と小さめで、安定してバトルを行えるポケモン。

自分のゴールを守らせるにはうってつけの存在だ。

特性「うごかない」で鉄壁の守りに!

自動で発動する特性「うごかない」はオーダイルの「おしながす」やカイオーガの「たかなみ」などを受けても文字通り動かないという特殊な能力。

相手に攻め込むというよりは相手を足止めしたりなどに使うことが多いだろう。

ただし、マダツボミなどの「あまいかおり」では動かされてしまうので注意が必要だ。

総じて癖のある守り重視のポケモン

「おおあくび」では相手だけでなく自分も「ねむり」状態になってしまったりと癖が強い。

ピースの拡張は威力の高い「のしかかり」がオススメ。

「そらをとぶ」「とぶ」などの相手を飛び越える系統のワザを持つポケモンと組み合わせると飛んでいなくなった後の隙をカビゴンが守るなどといった使い方ができるので、MPが2以上のオニスズメやエアームドなどと相性が良いだろう。

相性の良いプレート

プレート おすすめポイント
ゴールブロック
守りにおいて最強クラスのカビゴンをいきなりゴールに置ける。カビゴンを使うなら持っておきたい1枚だ。
ねむけざまし 「おおあくび」で自分も眠りになってしまったときのためにあると嬉しい。

カビゴン対策

一旦カビゴンにゴールを守られると倒して突破するのはなかなかに至難の業。いっそMP3のポケモンでカビゴンを挟んで強制的にダウンさせる方が早いという場合もある。

その他、相手がゴールにいるなら自分と位置を入れ替える「ねこだまし」が強力。

ニャースやニューラで攻め込んだら「ねこだまし」を狙うのも良いだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ねこだましされてもカビゴンは動きませんよ!