【ポケコマ】エアームドの性能と評価【コマスター】

エアームドの性能と評価を掲載しています。エアームドと相性の良いポケモンや、強い点など解説していくので参考にどうぞ。

エアームドのステータス

エアームド

エアームドの基本情報

レアリティ R
MP 2
タイプ はがね/ひこう
入手方法 トレボ
マテリアル交換(1800)
特性 なし

Lv.1時のルーレットのピース

エアームド技

大きさ ワザ ダメージ/効果
24 エアカッター 30
16 はがねのつばさ 80
24 エアカッター 50
28 とぶ★★★ このポケモンはバトル相手を飛び越えて、その隣に移動する
4 ミス 0

エアームドの特徴と運用方法

「とぶ」で敵を飛び越えてゴール!

エアームドの「とぶ」はレベル1時で28と、トップクラスの広さを持つ。「とぶ」は相手の一瞬の隙を突いてゴールを狙える便利な紫ワザだ。エアームドを倒そうと殴ってきた相手を飛び越えてそのまま進撃したり、場合によってはその敵を味方で挟んだりもできる。

EXポケモンをも脅かす「はがねのつばさ」

「はがねのつばさ」は威力が80とmp2のRポケモンの技にしてはかなり高く、これはルギアやミュウツーなどのメジャーEXポケモンに多い70打点を上回る威力。広さは16と微妙なのでこちらから殴るのはリスクが高いがプレートを使わせたり殴るのを躊躇させたりできるのは重要だ。

「とぶ」を利用して倒されてしまうことも

「とぶ」は非常に便利な技だが、相手にエアームドが飛んだ先で挟まれるような陣形を作られると簡単に処理されてしまう。相手が陣形を作り終わる前に「ポケモン入れ替え」でエアームドを逃がすのが良い。逆に、エアームドを挟むために相手がポケモンを動かしている間に手薄になった他の場所から敵を突破して攻め込むこともできる。

相性の良いプート

プレート おすすめポイント
ダブルチャンス 「とぶ」を出せばゴールできる場面では絶対に使いたいプレート。
ポケモン入れ替え 敵陣に攻め込んだポケモンをエアームドと入れ替えて「とぶ」でゴールできる状況を作れば、相手の動きを大きく制限できる。

エアームド対策

「とぶ」が厄介なので、飛ばれても挟めるような陣形を作った上で80以上の打点を出せるポケモン、例えばドククラゲなどで殴るのが良い。「はがねのつばさ」は広くないので、アブソルやエレキブルなどの60以上の打点でもかなりの確率で倒せるだろう。

エアームドの育成

ピース拡張

エアームドの特徴を活かすために「とぶ」を拡張するのが基本。しかし、相手に守りを固められると動けなくなってしまうことから、単体での突破力を考えるならデッキ次第で「はがねのつばさ」を拡張することも考えられる。

チェイン

30打点、50打点、80打点はどれもそこそこの広さがありチェイン競争も激しいラインなので、チェイン先は一概に決められない。30打点をチェインすると、30打点を持つミュウやヤミカラスに対して安定する。50打点をチェインした場合、ホウオウやレックウザが殴ってくるのを牽制でき、運が良ければ倒すこともできる。80打点をチェインするとゴウカザルなどの80打点持ちに少し強くなるが、他の2つと比べて狭いこともありチェインによるメリットは少なめ。これらを踏まえて、自分のデッキで苦手なポケモンを対策できるようにチェイン先を考えよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. […] アブソル、ボーマンダ、ムクホーク、エアームドなどが対抗できる候補だろう。 […]