【ポケコマ】サンドの性能と評価【コマスター】

サンドの性能と評価を掲載しています。サンドと相性の良いポケモンや、強い点など解説していくので参考にどうぞ。

目次

サンドのステータス

サンド

サンドの基本情報

レアリティ C
MP 2
タイプ じめん
入手方法 イベント報酬
マテリアル交換(250)
特性 【すながくれ】
このポケモンは、攻撃されたら、攻撃したポケモンをくぐり抜けてそのポケモンの隣に移動してよい(バトルにならない)

Lv.1時のルーレットのピース

サンド技

大きさ ワザ ダメージ/効果
4 ミス 0
24 きりさく 40
16 ひっかく 10
28 きりさく 40
24 まるくなる ※バトル相手の出したワザのダメージが50以下なら、このポケモンは気絶しない。

サンドの特徴と運用方法

序盤の牽制に有用な特性「すながくれ」

サンドの特性「すながくれ」は、攻撃された際バトルを回避し、バトル相手を潜り抜けた反対側に移動するという特性だ。移動先のイメージはオニスズメなどの紫ワザ「とぶ」に近い。序盤にサンドを場に出しておくことで、攻撃されたら潜り抜けて包囲できる形を作ることができ、相手の攻撃を牽制できる。

「すながくれ」は万能ではない

「すながくれ」の移動先はバトル相手を潜り抜けた反対側のみであるため、移動先を予め包囲されていたり、移動先にすでに敵ポケモンを配置されたりすると、バトルを受けるしかなくなってしまう。サンドのルーレットは貧弱で60ダメージ以上には為す術もなく倒されてしまうため、牽制できるのは場のポケモンが少ない序盤と最終盤のみと考えておこう。

相性の良いプレート

プレート おすすめポイント
 げんきのかたまり 敵の防御が固まるとサンドの移動先を縛られ、簡単に倒されてしまうため、再度サンドで牽制したい時などに有用なプレート。
 ポケモン入れ替え 絶対に攻撃されたくない防衛ラインと入れ替えることで、相手の攻撃を牽制できる。

サンド対策

サンドは飽くまで攻撃の牽制しかできないポケモン。サンドの移動先にしっかり気を付けてポケモンを配置すれば、サンドは戦いを受けざるを得なくなる。ルーレット自体は非常に貧弱なので、功を焦って包囲だけはされないように気を付けて立ち回りたい。

サンドの育成

ピース拡張

サンドがバトルを挑まれる=サンドの特性が対策されているという状況なので、基本的にサンドがバトルになったら諦めた方が良い。少しでも凌ぐ確率を上げるなら、「まるくなる」を拡張しておこう。

チェイン

イベントの報酬でしか手に入らないポケモンなので、チェインする余裕はない。ルーレットも貧弱なので、わざわざチェインする必要もない。

サンドの入手方法

入手方法①

イベントの報酬で入手可能

入手方法②

250マテリアルで交換。

ポケモンコマスター 関連記事

レア度別フィギュア一覧

EX R UC C

能力別

金ワザ持ち 紫ワザ持ち 青ワザ持ち 白ワザ(特殊)持ち 特性持ち

入手方法別

ドロップ報酬 マテリアル交換 イベント報酬

MP別フィギュア一覧

MP0 MP1 MP2 MP3 MP4

タイプ別フィギュア一覧

ノーマル ほのお みず
くさ でんき こおり
かくとう どく じめん
ひこう エスパー むし
いわ ゴースト ドラゴン
あく2 はがね フェアリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする