【ポケコマ】サナギラスの性能と評価【コマスター】

サナギラスの性能と評価を掲載しています。サナギラスと相性の良いポケモンや、強い点など解説していくので参考にどうぞ。

サナギラスのステータス

%e3%82%b5%e3%83%8a%e3%82%ae%e3%83%a9%e3%82%b9

サナギラスの基本情報

レアリティ UC
MP 3
タイプ いわ/じめん
入手方法 ドロップ報酬
マテリアル交換(250)
特性

Lv.1時のルーレットのピース

%e3%82%b5%e3%83%8a%e3%82%ae%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88

大きさ ワザ ダメージ/効果
16 かみつく 20
20 まもる このポケモンはウェイト
4 ミス 0
64 あばれる ※ 50
※このポケモンは「こんらん」状態になる

サナギラスの特徴と運用方法

簡単にバンギラスへ進化できる

サナギラスは威力50の「あばれる」がレベル1時で広さ64もあるのが特徴で、MP3にしては高めの打点を安定して出すことができる。ミスも少ないので「プラスパワー」や「きゅうそねこをかむ」などのプレートと相性が良く、プレートを使うことで多くのポケモンを倒せるようになるだろう。このため、バンギラスへの進化がとても簡単にできるのが大きな強み。サナギラスの移動力を利用してパワーアップしたバンギラスを前線に出すことができるので、強力な戦法である。

「あばれる」を使うと弱体化

初めは安定して50打点を出せるサナギラスだが、「あばれる」には一度使うと「こんらん」状態になってしまう効果がついている。サナギラスは「こんらん」すると威力20の「かみつく」が出る確率が高くなり、大きくパワーダウンしてしまう。しかし、一度敵を倒した時点で進化してしまえば「こんらん」は消えるのでこのデメリットは気にする必要がない。サナギラスを使うなら進化先のバンギラスも用意してすぐに進化を狙うことを強く勧める。

相性の良いプート

プレート おすすめポイント
プラスパワー 安定して80打点を出せるようになり、バンギラスへの進化が狙える。
きゅうそねこをかむ コストは2だが、「プラスパワー」以上の火力を出せる。「かみつく」が出ても70打点になるのも大きい。

サナギラス対策

進化さえされなければ特に対策が必要なポケモンではないが、相手にサナギラスがいたら基本的にバンギラスが控えていると思って警戒したほうが良い。サナギラスにこちらのポケモンを倒されてしまうと進化を許し厄介なので、サナギラスに倒されやすいポケモンはサナギラスの前に置かないようにしよう。紫ワザと青ワザを持たないポケモンは、プレートを使って簡単に倒されてしまうので前に置くのは危険。また、ニョロモヤミカラスのような火力の低いポケモンもあまり対面させたくない。

サナギラスの育成

ピース拡張

敵を倒せる確率をあげたいので、ピース拡張は「あばれる」一択だろう。

チェイン

チェイン先は一番広い「あばれる」が最も優先度が高い。「プラスパワー」や「きゅうそねこをかむ」を使う場合、「かみつく」の威力は50や70とメジャーなラインになりチェインすることで倒せる相手がかなり増えるので、できれば「かみつく」にもチェインしておくことを勧める。

サナギラスの進化系統

ヨーギラス サナギラス バンギラス
ポケモンコマスターヨーギラス %e3%82%b5%e3%83%8a%e3%82%ae%e3%83%a9%e3%82%b9%e9%a1%94 バンギラス顔

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする