【ポケコマ】メタグロスの性能と評価【コマスター】

メタグロスの性能と評価を掲載しています。メタグロスと相性の良いポケモンや、強い点など解説していくので参考にどうぞ。

メタグロスのステータス

%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%82%b9_%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

メタグロスの基本情報

レアリティ EX
MP 1
タイプ はがね/エスパー
入手方法 トレボ
マテリアル交換(4000)
特性 【こうそくえんざん】
このポケモンがフィールドにいる時、バトルのスピンをやり直す・やり直させる特性の効果はなくなる。

Lv.1時のルーレットのピース

大きさ ワザ ダメージ/効果
4 かわす
16 メタルクロー 90
4 かわす
24 はかいこうせん※ 150
※バトル相手を気絶させたら、次のターンは必ず相手のターンになる。
4 かわす
16 メタルクロー 90
4 かわす
20 バレットパンチ 30
4 ミス

メタグロスの特徴と運用方法

ダメージ150の超火力ワザ「はかいこうせん」

メタグロスのワザ「はかいこうせん」はダメージが150もあり、これは現時点でトップの火力だ。並のワザではプレート等を使ったところで返り討ちにあってしまう。また「はかいこうせん」で相手を倒すと、その次のターンは相手のターンになってしまう。このため、メタグロス側が殴る分には関係ないが、メタグロスが殴られる場合では「はかいこうせん」で敵を倒しても前に進めないことがある。

金ワザ「バレットパンチ」

強力な「はかいこうせん」等を恐れて紫ワザで対策したくなってしまうところだが、「バレットパンチ」によって安易な対策ができないようになっている。しかしながら火力は30と低く、対MP3以外では大きな隙となってしまうことも多い。

デオキシス・ランクルスメタの特性

メタグロスはフィールドにいるだけで特性によるリスピンをなくす効果を持つ。相手のランクルスやデオキシスAが厄介な場合はメタグロスを入れて特性を対策してみると倒しやすくなるだろう。ただし、メタグロスはMP1で展開力に欠けるので、メタグロスを出す前に攻め込まれないように注意したい。

相性の良いプレート

プレート おすすめポイント
 ポケモン入れ替え MP1のポケモンと組み合わせる定番プレート。前線に出るまで時間がかかるのをカバーできる。
 ロングスロー MP1のポケモンはエントリーを抑えられるといった劣勢で足を引っ張りがちだが、このプレートを使えば重要な局面でメタグロスの強力なルーレットと特性を活かすことができる。

メタグロス対策

「はかいこうせん」と「バレットパンチ」を適切に打ち分けられてしまったら誰も倒すことが出来ないが、それは割り切るしかない。「メタルクロー」と「バレットパンチ」を合わせた大きさは十分広いため、グラードンカメックスのように安定して90ダメージを超える火力で殴ることが出来れば十分だろう。また「メタルクロー」は二つに分かれているため、ブリガロンのような90ダメージ技が分かれていないポケモンをチェインすれば勝ちやすい。プレートを使うのもよいが、「はかいこうせん」や「かわす」が広いため無駄に終わることも多い。

また「バレットパンチ」もそこそこの広さしかないため紫ワザも有効で、アブソルの「すてみタックル」やヤミカラスの「ふきとばし」などでベンチ等に戻してしまえば復帰が困難である。こうした手段が取れなくなっても、最悪「バレットパンチ」のダメージ30なら超えることが容易なため、それを狙っていくことも出来なくはない。メタグロスはMP1であるため、対処する試行回数は稼ぎやすいだろう。

メタグロスの育成

ピース拡張

「はかいこうせん」一択だろう。これさえ出れば相手が何を出そうと一方的にやられることは殆どない。デメリットを差し引いても優秀な火力だ。「バレットパンチ」はダメージが低すぎて隙を広げることになるためやめたほうがよい。「メタルクロー」ならデメリットはないが、「はかいこうせん」のほうが魅力的だろう。「かわす」を増やしても悪くはないだろうが、わざわざかわさなくてもメタグロスなら敵を倒すことが出来てしまうため優先度は低い。

チェイン

「はかいこうせん」は現時点で最高火力であり、これをチェインしてもメタグロスミラーにしか役に立たない。「メタルクロー」をチェインしておけばメタグロスミラーや対ブリガロン等での勝率が大きく変わる。

ただし「メタルクロー」が二つに分かれている都合で、現在ではそこまで考慮しなくても大丈夫ではあるが互いにチェインが進行している場合では不利となってしまう。「バレットパンチ」をチェインすると、チェインされたゼニガメやミュウなどを相手にするときに怯えずに済む。メタグロスがこれらの低打点MP3に負けてしまうと大きくアドバンテージを取られてしまうため、ぜひ強化しておきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする