【ポケコマ】コイキングの性能と評価【コマスター】

ポケモンコマスターのコイキングの性能と評価を掲載しています。コイキングと相性の良いポケモンや、強い点など解説していくので参考にどうぞ。

コイキングのステータス

コイキングの基本情報

レアリティ C
MP 2
タイプ みず
入手方法 イベント報酬
特性 【たきのぼりしんか】
このポケモンは、バトルで気絶したとき、P.C.へ移動せず進化してよい。

Lv.1時のルーレットのピース

大きさ ワザ ダメージ/効果
48 はねる 0
44 じたばた 10
4 ミス

コイキングの特徴と運用方法

進化前提で使われるポケモン

コイキング単体での性能は低いが、進化先のギャラドスは進化しておくだけで非常に高い性能を持つようになる。コイキングは特性上進化しやすいため、ギャラドスをデッキに入れるなら進化前のコイキングから入れるようにすると良い。

必ず一回は倒されないポケモン

コイキングの特性は進化しやすいというだけでなく、相手から攻撃されても一度は必ず持ちこたえるという意味合いも持つ。次のターンにコイキングで相手のゴール上のポケモンを包囲できる状態を作れると、倒されてもP.C.へ移動しない特性を活かして確実に包囲を決めることができる。

相性の良いプレート

プレート おすすめポイント
ポケモン入れ替え 倒されない特性を生かして相手のエントリーのポケモンと入れ替えられると非常に心強い。
 ダブルチャンス 進化先のギャラドスと相性の良いプレート。

コイキング対策

コイキングは倒されることで進化するため、とにかく攻撃して倒されることを狙ってくる。ブラッキーなどの紫ワザや青ワザが大きいポケモンで対面すれば進化しにくくできるほか、進化先のギャラドスに有利なミュウを対面させれば進化されてもギャラドスに蹂躙されることはないだろう。また、ルギアなどベンチに戻す紫ワザには無力な点も覚えておきたい。

コイキングの育成

ピース拡張

いっそしなくても良いが、拡張するならミスやカウンターに勝てる「じたばた」だろう。

チェイン

わざわざする必要がないが、「じたばた」をチェインすればカゲボウズに勝てる可能性が出てくる。

コイキングの進化系統

コイキング ギャラドス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする