【ポケコマ】ディアルガの性能と評価【コマスター】

ディアルガの性能と評価を掲載しています。ディアルガと相性の良いポケモンや、強い点など解説していくので参考にどうぞ。

ディアルガのステータス

ディアルガ

ディアルガの基本情報

レアリティ EX
MP 2
タイプ はがね/ドラゴン
入手方法 トレボ
マテリアル交換(4000)
特性 【ときのひずみ】
このポケモンは、自分のベンチに他のポケモンがいたら、フィールドへMP移動できない。

Lv.1時のルーレットのピース

ディアルガ技

大きさ ワザ ダメージ/効果
8 ミス 0
40 ときのほうこう 110

※バトル相手を気絶させたら、次のターンは必ず相手のターンになる。

8 ミス 0
40 ドラゴンクロー 60

ディアルガの特徴と運用方法

破格の火力を持つMP2

ディアルガの「ときのほうこう」のダメージは110。MP2の中でトップの火力を持ち、このワザが相手に掛ける圧力は尋常ではないだろう。もう一つのワザもダメージ60と決して低い数値ではなく、白ワザ同士の戦いではこのポケモンの右に出るMP2はいないと言ってもいいだろう。一方金ワザや紫ワザ、青ワザを持たないため、相手の紫ワザの効果を防ぐ術がないということは留意しておく必要がある。

高火力と引き換えになったデメリット

ディアルガは特性「ときのひずみ」により、ベンチが自分1匹でないとエントリーすることができない。特にMP1のポケモンはエントリーするだけでも一苦労なため、ディアルガと共存しにくい存在となる。また、「ときのほうこう」は相手を倒すと次のターンが必ず相手ターンとなるため、相手がディアルガを攻撃して「ときのほうこう」で返り討ちにすると次も相手ターンとなってしまう。

相性の良いプレート

プレート おすすめポイント
 ポケモン入れ替え 「ときのひずみ」はエントリーできないだけで、入れ替えて出す分には何の問題もない。同じくロングスローなども相性が良いだろう。
 プラスパワー 白ワザしか持たないディアルガがプラスパワーで受ける恩恵は大きい。

ディアルガ対策

「ときのほうこう」の高火力は脅威だが、「ドラゴンクロー」は威力60と高くないため、プラスパワーを使えばどのポケモンでも倒すチャンスがあるだろう。ルーレットの構成上「マヒ」や「こんらん」に弱いのも狙い目だ。また、特性上ディアルガがベンチにいる状態で相手のポケモンを倒すと、P.C.から一匹ウェイト状態でベンチに戻るため、相手はディアルガをエントリーさせることもできなくなり、行動を大きく制限できる。

ディアルガの育成

ピース拡張

わざわざ威力の低い「ドラゴンクロー」を強化する意味がない。「ときのほうこう」一択で良いだろう。

チェイン

「ときのほうこう」をチェインすれば、対ラティアスにおける勝率が大きく上がる。「ドラゴンクロー」でエレキブルやブーバーンに強くするのも良いが、「ときのほうこう」以上のメリットはないだろう。