【ポケコマ】テクニック講座 ~ハードルジャンプ編~【コマスター】

ポケモンコマスター(ポケコマ)のハードルジャンプに関するぜひ覚えておきたい戦術やテクニックを解説しています。初心者向けの記事ですが中上級者の方も基礎を確認する意味でも読んでみて下さい。

ハードルジャンプとは

もはやだれもが使ったことがあるであろう強力なプレート。初心者の方は相手のハドジャンを忘れてそのままゴールされるなど、苦い思い出もあるのではないでしょうか。この記事では、そんなハドジャンの有効な使い方や対策方法について、主に対戦序盤での動きについて解説しています。

序盤のハードルジャンプ警戒

後攻の初手が肝心

一般的にポケコマでは、先攻の最初のターンはMP3のポケモンを斜めに出すことが多い。

▲初手にMP3を斜め出しするのはポケコマの基本ムーブ。コントロールデッキなど対面を重視する場合は内側に出すこともある。

このとき初心者には、進軍を止めつつ自分も相手のゴールにできるだけ近づくため、MP3のポケモンを隣接させて配置するプレーヤーが多いが、相手がハードルジャンプを所持しているときはこれは大きなプレイングミスだと覚えておこう。ハードルジャンプで飛び越えられてしまい、MP3ゆえにリーチを許してしまうからだ。

▲詰めてきたゲッコウガをハードルジャンプで超えて3ターン目からいきなりリーチ。相手は守るしかない。

ただのリーチならばこのように他のMP3のポケモンでゴールへの道を塞げば良いが、この局面ではリーチ+包囲の両方を狙った行動となっているため、ゴールは守れても飛ばれたMP3のポケモンは包囲されてしまう。

▲ミュウで守っている間に包囲する。

このような「リーチ」+「包囲」といった、どちらを取っても不利な状況にされる一手を打たれないように立ち回ろう。

MP3に隣接させるポケモン

ハードルジャンプに追いつけるMPを意識する

今回は相手側が先行の画像となっている。相手が右斜め前からMP3のサンダースを出し、こちらはハードルジャンプされないように一歩手前にルカリオを出した。次のターン相手は別のサンダースをもう一方のエントリーから出して詰めてきた。

▲相手が先行でサンダースを詰めてきた。

このときサンダースを止めるために出すポケモンだが、ここでMP2のポケモンを出すのはあまり良い手とは言えない。画像ではMP2のルギアを出しているが、それに対しハードルジャンプされてしまうと、MP2のポケモンではゴールを塞ぎに戻れないからだ。

▲MP2で受けるとハードルジャンプされて追いつけなくなる。

この局面で攻撃する以外で相手を止めるためには、こちらもハードルジャンプでルギアをサンダースの横に戻さなくてはならない。相手は攻撃のためにハードルジャンプを使い、こちらはそれをカバーするためにハードルジャンプを使用した。次の相手のターンでさらにサンダースを詰められれば、どちらが有利な状況になっているかは一目瞭然だろう。

▲こちらもハードルジャンプで無理やり防御。とてももったいない一手。

勿論ルギアではなく相手を飛び越えられるサンダーなどで受けにいった場合は、ハードルジャンプを使う必要がないのでそれほど大きなディスアドにはならないことも知っておきたい。

圧迫の先行基本ムーブ

先行ズルムーブとも呼ばれるほどの強力な先行圧迫

先行の圧迫で非常によく用いられる強力な立ち回りを紹介しよう。圧迫デッキでなくてもMP3が2体いれば可能な動きだ。

一匹目は通常通り左上に出すが、二匹目のMP3を内側ではなく外側に3歩出すのがポイント。ここでは二匹目はゲッコウガを出している。

▲内側ではなく外側から詰めるのがポイント。

このとき相手を「ゲッコウガに隣接させるとハードルジャンプされる」「エントリー上で止めると改めて内側から攻めてくるMP3(ここでは残っているゲノセクト)に対応できない」というジレンマに陥らせることができる。特にMP3の少ないデッキでは三匹目がゲノセクトに追いつかずにゴール横まで詰められてしまうこともある。

ちなみに、相手がサンダー(今回はサンダースで代用)などハードルジャンプが怖くないポケモンでゲッコウガに詰めてきた場合も、同じように三匹目のMP3(ゲノセクト)を追加で出すことで、「ゲノセクトを止めないと更に進軍される」「ゲノセクトに隣接すればハードルジャンプされてサンダーを挟まれるうえにリーチされる」という二択に追い込むことができる。これはMP3が3体いないとできない動きだ。

▲ゲッコウガをサンダー(仮)で止めてきた。ここでハードルジャンプしてもいいが…。

▲さらなるMP3を出していくことで…。

▲包囲&リーチ!

リーチされているので相手はサンダースをひっこめるしかなく、その間に強力なMP2のポケモンなどで攻めていけば非常に有利な盤面を作れるだろう。

最後に

ポケコマ上級者が強いのは使っているコマが強いというのも少なからずありますが、このような基本の動きがしっかりと身についているからというのがとても大きいです。特にハードルジャンプは強力過ぎるがゆえに力の差がはっきりと出るプレートなので、まずは最序盤の動きだけでもしっかりと覚えておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする