【ポケコマ】ついに実装! 進化機能のまとめと考察【コマスター】

当記事は10月24日のポケモンコマスターの更新で実装された進化機能について、その内容を纏めています。環境で猛威を振るう進化ポケモンの考察もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事は2016年11月の古い記事です。最新の記事はこちら。

待望の実装! 進化条件と進化できるポケモン一覧

%e9%80%b2%e5%8c%961

進化の仕組みと効果

デュエル中に「相手ポケモンを気絶させた」または「相手ポケモンを移動させた」のどちらかを満たすと、予め設定した進化先に進化することが可能です。ただし、進化するためには「ルーレットの判定で勝っている」必要があり、例えばゴースの「みちづれ」の効果で相手を気絶させた場合や、相手のアブソルの「すてみタックル」の効果で相手が気絶した場合などは、進化することができません。

進化すると、すべてのダメージワザのダメージが+10され、紫ワザの★の数が一つ増えます。この効果は進化を重ねるごとに蓄積し、ハリマロンが進化するとハリボーグは「マッドショット50」と「ニードルアーム60」と「ニードルアーム70」を持つポケモンになり、そのハリボーグがさらに進化するとブリガロンは「アームハンマー110」と「ニードルガード★4」を持つポケモンになります。

また、進化するとその時受けていた状態異常やマーカーがすべて消えます。ゴースの「みちづれ」の効果などで気絶させられた場合も、ルーレットに勝って倒してさえいれば進化することができます。

%e9%80%b2%e5%8c%962 %e9%80%b2%e5%8c%963

進化先のポケモンの中には元から強力な能力を持つポケモンもおり、進化することでさらに強力な能力を手に入れることができます。ただし、進化前の状態では少し劣る能力のポケモンをデッキに入れることになるため、うまく進化できないと重い荷物を抱えたまま試合を進めることになります。

進化先の設定

進化するためには、予め進化先をデッキに登録しておく必要があります。進化するフィギュアは、下の画像のボタンから設定することができます。

%e9%80%b2%e5%8c%964

進化可能なポケモン

未進化 1進化 2進化
 イーブイ  シャワーズ
 イーブイ  サンダース
 イーブイ  ブースター
 イーブイ  ブラッキー
 イーブイ  グレイシア
 イシツブテ  ゴローン  ゴローニャ
 エレブー  エレキブル
 カゲボウズ  ジュペッタ
 ガバイト  ガブリアス
 ケロマツ  ゲコガシラ  ゲッコウガ
 ゴース  ゴースト
 ココドラ  コドラ  ボスゴドラ
 コラッタ  ラッタ
 ゼニガメ  カメール  カメックス
 タツベイ  コモルー  ボーマンダ
 ドガース  マタドガス
 ナエトル  ハヤシガメ  ドダイトス
 ニューラ  マニューラ
 ヌメラ  ヌメイル
 ハリマロン  ハリボーグ  ブリガロン
 ピカチュウUC  ライチュウ
 ピカチュウR  ライチュウ
 ヒコザル  モウカザル  ゴウカザル
 ヒトカゲ  リザード  リザードン
 ヒノアラシ  マグマラシ  バクフーン
 フォッコ  テールナー  マフォクシー
 フシギダネ  フシギソウ  フシギバナ
 ポッチャマ  ポッタイシ  エンペルト
 モノズ  ジヘッド  サザンドラ
 ヨーギラス  サナギラス  バンギラス
 ワニノコ  アリゲイツ  オーダイル

※イーブイは進化先が複数存在するポケモンです。デッキを組む際は、どの進化先に進化するかをあらかじめ決める必要があるので、状況や相手に応じて進化先を変えることはできません。

リーグマッチで活躍する進化ポケモン

カメール

%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab

ルーレット自体はそれほど強力ではないが、カメックスに進化すれば110打点と★3「ミラーコート」を両立するポケモンとなり、ミス以外ではほとんど突破されない。

白ワザが広いためダブルチャンスを使う必要がなく、きゅうそねこをかむやプラスパワーと組み合わせると高確率で高打点の攻撃を打てるため、進化のしやすさも上々。一方相手から攻撃されると打たれ弱いため、殴りやすい相手が近づいてからエントリーするのが良いだろう。

また、進化前のゼニガメは半分を白技、もう半分に青ワザを持つポケモンであり、壁としての性能を持ちつつ状態異常の相手を倒して進化が狙えるポケモンだ。進化したカメールは「こうそくスピン」のダメージが上がり、さらに進化しやすくなる。

ハリボーグ

ポケモンコマスターハリボーグ

進化すると100打点と★3「ニードルガード」持ちのブリガロンになるポケモン。進化して100打点なのでカメックスには火力で劣るが、ブリガロンの強みは紫ワザ「ニードルガード」にある。相手を2歩下げてウェイト3にするため、ゴール付近で守る相手を文字通り跳ね飛ばしながら進撃することが可能だ。

カメールに比べて白ワザの火力が高いため、進化しやすいのがポイント。また、倒されてもウェイトをつけたりMP-1マーカーをつけたりするため、一方的にアドを取られにくい点も使いやすい。

広い白ワザを利用したプラスパワー、青ワザを狙ったり外したりの操作が可能なダブルチャンスの両方と相性が良い。

イーブイ

イーブイ

多くの進化先を持つポケモンだが、オススメはグレイシアかブースターだ。グレイシアは★2の紫ワザとかわすで倒されにくいMP3となり、ブースターは「かえんほうしゃ」のダメージが増えるため「きあいだめ」で火力が2倍になった時に進化の恩恵を受けて100打点を持つMP3となる。

イーブイのポイントはMP3であること。ハリボーグやカメールよりも行動幅が広いため、チャンスを逃さず進化を狙って攻撃できる。「きあいだめ」でリスピンするため高火力ワザも出しやすいが、その分ミスや青ワザを出す可能性も高いため、ダブルチャンスをプラスパワーを両方積んで状況に合った方を使うようにしたい。

イーブイの詳しい情報はこちら

今後の進化環境の推移考察

本家ポケモンでは進化前を持ちつつも、まだポケモンコマスターには進化前が実装されていないポケモンも多くいます。ここではその中でも進化することで特に強力になるポケモンを紹介します。

ブーバーン

ポケモンコマスターのブーバーン

紫ワザ「フレイムガン」が強力なポケモンだが、進化することで70打点と★3「フレイムガン」を持つポケモンになり、ルギアすら凌ぐ性能になる。

ブーバーンの詳しい情報はこちら

ルカリオ

cthy_3qumaaik9o

紫ワザ「はどんだん」は強力だが、★1であるためカメックスなどには後手に回ることが多かった。「はどうだん」が★2になることで、同等以上のバトルを狙って攻撃できるようになる。

ルカリオの詳しい情報はこちら

ベイリーフ

ベイリーフ

特性「スパイシーなかおり」により、自分から攻撃するときの火力が20上がる。プラスパワーも合わせれば安定して90打点を出せるため、レアリティCながら進化先のメガニウムの能力次第では強力なポケモンに化けるであろうポケモン。

ベイリーフの詳しい情報はこちら

ニャース

ニャース

★3での紫ワザで相手を移動させて進化しつつ、場合によってはそのまま包囲して突破も狙えるポケモン。現状でもゴールを狙って攻撃できる性能はあるため、進化先のペルシアンの性能によってはさらに強力なポケモンになるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする